まずはLINEで無料相談
ページ上部へ
治療困難な病気を治すため、治療研究する医師達がいます
標準医療で治らないガン・難病に取り組む治療研究医を紹介します
WDS名医相談所

患者様・ご家族の方もお気軽にご相談ください

まずはLINEで無料相談

保険診療では完治が望めないと言われた方 全国の研究医師のもとで、治療研究に参加しませんか?

  • 3期・4期の進行ガン
  • 白血病・リンパ腫
  • 肺気腫・間質性肺炎
  • 糖尿病・高血圧
  • アトピー・花粉症
  • 骨粗鬆症
  • 老化抑制
  • 潰瘍性大腸炎
  • 膠原病・リウマチ
  • 原因不明の症状

その他、様々な治療研究を実施しています。

WDS名医相談所のご紹介

日本先進医療臨床研究会は、ドクターマッチングサービスを通して、現在の標準的な治療(保険診療)では完治が望めない様々な病気に対して、自由診療の先端検査と、治療効果が期待される様々な先端治療(自由診療)に取り組む全国の治療研究医師をご紹介しています。

  • ※希望者には担当医師をご紹介します。
  • ※医師の紹介は無料です。
  • ※診察(遠隔診療を含む)・検査・栄養指導・生活改善指導などは有料となります。

最先端の医療で症例の積み上げ効果的な治療法を発見

ガンは、不治の病ではない

当会監修の「ガン治療革命」には、初期から末期まで真のガン治療があります。

さらに詳しく

病気だけじゃない!老化は治療できる病である

と、ハーバード大学教授・デビッド・A・シンクレア博士は、その著書「ライフスパン 老いなき世界」の中で語っています。

登録・相談・医師のご紹介は無料です。
まずはご相談ください!

主な参加ドクター

名古屋

日本先進医療臨床研究会副理事長

愛知医科大学大学院医学研究科教授
愛知医科大学病院先制・統合医療
包括センター部長

福沢嘉孝先生

東京

日本先進医療臨床研究会顧問

医療法人社団永徳会
皿沼クリニック院長
 

藤田亨先生

大阪

日本先進医療臨床研究会理事

日本先制臨床医学会理事
医療法人仁善会田中クリニック院長
 

田中善先生

札幌

日本先進医療臨床研究会理事

日本統合医療学会北海道支部長
響きの杜クリニック院長
 

西谷雅史先生

熊本

日本先進医療臨床研究会理事

日本統合医療学会理事
くまもと免疫統合医療クリニック院長
 

赤木純児先生

島根

日本先進医療臨床研究会顧問

統合医療センター
福田内科クリニック 副院長
 

福田克彦先生

大阪

日本先進医療臨床研究会顧問

大阪大学医学部名誉教授
彩都友鉱会病院・病院長

中村仁信先生

東京

日本先進医療臨床研究会顧問

ナチュラルアートクリニック院長

御川安仁先生

その他にも全国でたくさんの研究医師が
参加しています

まずはLINEで無料相談

LINEにてご自分の病気・病状に対応する
治療法があるか、ご確認ください

LINEで友達登録をして頂き、お困りの病気・症状について、LINEチャットで、看護師資格を持つ担当ナースにご相談ください。医師の指示のもと、担当ナースが治療研究の内容をご説明します。一つの病気に対して効果が期待できる治療研究は複数あります。各治療法の特徴や費用などの情報をもとに患者様の希望により対象となる治療研究を絞り込んでいきます。

まずはLINEで無料相談

希望の治療研究が見つかったら、
参加申込をします

自分の病気・病状に対して効果が期待される治療研究が見つかったら、担当ナースより参加に必要な書類または提出データなどの案内を受けます。
入力フォームより送信頂くか、メール・FAX・郵送などでご提出ください。

  • ※最近の検査データがない場合、自宅用の遠隔検査をお願いする場合があります。

医師より検査と治療法の説明を受けます

担当ナースより対応可能な医師と医療機関を紹介しますので、患者様ご自身で診察予約をして、予約日にご来院ください。

  • ※お近くに対応医師がいない場合、遠隔受診となる場合があります。

診察時に担当医師より治療内容と検査の説明をし、参加意思を確認します。治療研究に参加希望の場合、担当医師に必要書類を提出し、必要な検査費用や治療研究費用を所定の支払先に入金します。

  • ※遠隔受診の場合は予約時間に担当医師と電話相談または遠隔診察となります。
  • ※治療内容により治療研究費用とは別に、診察代・処置料などが有償となる場合があります。金額や支払い方法など詳細については担当医療機関にお尋ねください。

治療研究がスタートします

患者様の参加意思を確認し担当医師より必要書類が事務局に送付され、患者様より入金があった段階で治療研究が開始となります。

患者様は定期的に担当医師の医療機関に通院(または遠隔診療)し、また担当ナースと連絡を取り合い、検査データをもとにした治療と、食事・運動・睡眠などの生活改善を続け、治癒・改善・再発予防に取り組みます。
治療効果について報告やデータを事務局にて集積し、同じ病気で苦しむ人にとって有益なデータは、会員医師間で共有し、また論文や学会発表などを通して世界に向けて情報発信します。

治療研究について

治療素材の使用 途中経過のご連絡 症例報告

治療研究はあなたの病気を治す事が課題です。
選んだ治療法であなたの病気を治す事が目的なので、いつでも治療法の変更や中止が出来ます。また最終的に治療効果があったかどうかを、症例の積み上げによって統計処理し、効果的な治療法は世界に向けて発表します。

まずはLINEで無料相談

よくあるご質問

実際に治りますか?
病気や病状などには個人差があります。必ず治るとの保障は出来ませんが、治療研究ではエビデンスレベルの高い素材を提供しており、担当医師も担当ナースも、参加した患者様の病気・病状が治るように最善の努力をしております。
費用はどのくらいかかりますか?
治療研究によって様々です。一例をご紹介します。
ガン細胞を調べて治療前後の戦略を立てるための検査(例)
検査名称:循環腫瘍細胞検査(微小流路デバイス法CTC検査)
検査内容:血中のガン細胞を直接捉えて数と表面マーカーを調べ、乳ガンのHER2、前立腺ガンのAR-V7、オプジーボ等が有効な非肺小細胞ガン・腎細胞ガンなどのPD-L1、転移ガンのVimentinの有無から治療戦略を練る情報を得るための検査
検査費用:税別100,000円(税込110,000円)
  • ※本検査は申込と予約が必要です。
  • ※本検査は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
超早期(未病段階)のガンと病気のリスクを判定する検査(例)
検査名称:セルフリー(cf)DNA検査
検査内容:血中のcfDNA濃度を測定し、ガンや動脈硬化症、炎症性疾患など各種疾病のリスクを発病前(未病)の超早期の段階で発見するための検査
検査費用:税別45,000円(税込49,500円)
  • ※本検査は申込と予約が必要です。
  • ※本検査は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
免疫力バランスを測る検査(例)
検査名称:リンパ球分画検査
検査内容:主にウイルスやガンを攻撃するリンパ球という免疫細胞のうち、キラーT細胞、ヘルパーT細胞、NK細胞、NKT細胞、アクティブT細胞、ナイーブT細胞、メモリーT細胞、及び自己免疫疾患に深く関わる制御性T細胞(Tレグ)などを測定し、ガン・難病・自己免疫疾患などの治療に役立てる検査。
検査費用:税別36,000円~50,000円(税込39,600円~55,000円)
  • ※本検査は申込と予約が必要です。
  • ※本検査は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
アトピー/アレルギーの治療研究(例)
検査名称:免疫調整栄養素治療
検査内容:治療素材(栄養素または塗布剤など)による治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額2万円~5万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(免疫調整処方30日分10,584円から30,024円、または液状ミネラル処方16,200円、またはNMN塗布剤処方27,000円など)治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※現在までにこの治療による副作用は報告されていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
骨粗鬆症の治療研究(例)
検査名称:骨強化栄養素治療
検査内容:治療素材(サプリメントなど)による内服治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額2万円~5万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(サンゴCa処方30日分9,720円、AG処方30日分34020円など)
治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※現在までにこの治療による副作用は報告されていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
糖尿病・高血圧の治療研究(例)
検査名称:抗メタボ栄養素治療
検査内容:治療素材(錠剤、液体サプリメントなど)による内服治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額2万円~6万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(液状ミネラル処方30日分16,200円、またはNMN処方30日分17280円から49680円など)
治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※この治療による副作用として、まれに頭痛・発熱・下痢・めまいなど一過性で軽度な症状以外、重症・重篤な副作用の報告はされていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
老化抑制、老化に伴う諸症状の治療研究(例)
検査名称:抗老化栄養素治療
検査内容:治療素材(サプリメントなど)による内服治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額3万円~8万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(NMN処方30日分17,280円から49,680円、NMN塗布剤処方27,000円など)
治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※この治療による副作用は報告されていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
間質性肺炎・COPDの治療研究(例)
検査名称:抗炎症性栄養素治療
検査内容:治療素材(カプセル、液体サプリメントなど)による内服治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額5万円~17万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(AG処方30日分34,020円から68,040円、P処方30日分77,760円から155,520円など)
治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※この治療による副作用は、軽度な腎臓報告されていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
1~2期の早期ガン治療の治療研究(例)
検査名称:抗ガン栄養素治療
検査内容:治療素材(錠剤、カプセル、液体サプリメントなど)による内服治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額10万円~20万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(AG処方30日分102,060円から136080円、MG処方30日分102,000円~168,000円など)
治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※この治療による副作用は報告されていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
3~4期の進行ガン治療の治療研究(例)
検査名称:メタボジェニック治療
検査内容:治療素材(サプリメント+液体サプリメント)による内服治療と生活習慣改善指導(食事・運動・睡眠ほか)による治療
検査費用:月額18万円~35万円程度掛かります。
費用内訳:研究協力費(初回11,000円/2回目以降3300円)+体調や状態に応じた治療素材(AG処方30日分170,100円、MG処方30日分168,000円から268,000円など)
治療期間と回数:月1回の通院または遠隔診療×3か月の状況により本治療の継続・中止・変更・終了などを決定します。
  • ※本治療研究は申込と予約が必要です。
  • ※この治療による副作用は報告されていません。
  • ※本治療は自由診療のため公的医療保険は適用されません。
  • ※詳細はこちら
など。
期間はどのくらいになりますか?
病状・病態にもよりますが、ガン治療など重篤な場合を除き、通常は3カ月~1年くらいです。
病気や病状により期間が延長となる場合がありますが、毎月、医師と患者間の同意契約を確認しながら行ないます。
過去の実績などはありますか?
当会サイト「臨床研究」のページをご覧ください。
https://jscsf.org/clinicalresearch/
LINEが使えないのですが。
電話でお問い合わせ可能です。
FAX・郵送でも申込可能です。
(一社)日本先進医療臨床研究会
電話番号 03-5542-1597

FAX・郵送の場合
下記、リンクより希望の治療研究を選択し、「申込書」「同意書」「問診票」をプリントアウトしてご記入後、FAX又は郵送にて申し込みをお願い致します。
※詳細はこちら
FAX 03-4333-0803
郵送先:
〒103-0028東京都中央区八重洲1-8-17新槇町ビル6F